2次元の縁側

平成の終焉とともに推しごと最前線から退いた隠居オタク(自称)の余生満喫系ブログ Twitter垢→@yonepon_pp_idol

8月2日放送「アニソンプレミアム Aqours 5周年スペシャル」を高く評価したい理由

NHK BSプレミアムにて放送されている番組「アニソン!プレミアム!」、8月2日放送の「ラブライブ!サンシャイン!!5周年スペシャル!」を視聴しました。日曜のやや深めの時間帯、尺はトータル30分弱という決して長くはない番組ながらも、期待以上に質が高くボリュームたっぷりの内容に思わぬ衝撃を受けたためその感想を簡潔に残しておこうと思います。

 

以下、極めて主観的な感想文になることをご了承ください。あと今回のオープニングアクト鈴木みのりさん、スピラスピカさんもとても良かったです。

 

 

1.アニメとユニットのバランス感

まずは番組冒頭(オープニングアクト歌唱後)の紹介文から引用。

TVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』に登場する

9人組スクールアイドル

2015年デビュー 社会現象になるほどの人気を呼び

東京ドーム公演 紅白歌合戦出演 アジアツアーなど活躍を続ける

アニメ発のキャラクターコンテンツである点を示しつつ、リアルユニットとしてのAqoursを中心に語る番組なわけですね。キャラの紹介もありましたが全体的にはキャスト側に注目してる印象です。

 

出演メンバーはアニメ準拠のいつもの制服姿ですが、デビュー前の合宿の苦労話や軽いメンバーいじりなどを交えつつリアル側のエピソードが語られています。このバランス感覚は2020年現在のAqoursならではの構成だと思います。(これが例えば2年前3年前だったら少し違ったはず。)ただのアニメコンテンツ紹介番組とは一線を画していると感じたのがまずこの点。

 

2.メンバー全員を見せる構成

スタジオに並ぶメンバーは斉藤・高槻・諏訪・小林の4名。番組後半では姉妹キャラメンバーとして降幡・小宮とSaint Snowの田野・佐藤が登場します。(敬称略)

 

全員が一斉に並ぶのは難しいということか残りの鈴木・逢田・伊波は出演していませんが、この3名については前半のエピソードトークでしっかり触れられています。全員に見せ場がないとオタクすぐヒリつくからな。1番変わっているメンバーは逢田梨香子」などはオタクが思わず笑ってしまう話だと思いますが、特にAqoursのリーダー伊波杏樹さんの紹介が素晴らしかったです。

 

伊波さんがメンバーからの圧倒的信頼を受ける精神的支柱であるという紹介をしつつ、3rdのMIRACLE  WAVEバク転という分かりやすい実績を示す流れがあまりに完成された一節だと思いました。言い忘れましたが私は高海千歌伊波杏樹さん推しのオタクを名乗っておりますので、このパートに歓喜しておりました。いずれにせよ限りある尺の中で11名いるメンバー全員に見せ場を用意するというのはなかなか難しいはずで、これを実現したのはお見事でした。

 

3.選曲のセンスが良い

www.nhk.or.jp

 

歌唱コーナーで披露されたのは「地元愛♥️満タン☆サマーライフ/渡辺曜津島善子」「真夏は誰のモノ?/黒澤ダイヤ黒澤ルビィ」「SELF CONTROL!!/Saint Snow」「トリコリコPLEASE!!/AZALEA」の4曲。いずれも独特な世界観を持つ個性的な楽曲たちです。

 

このうちアニメ本編に直接登場したのはセルコンだけでフェスどころか単独ライブでもあまり頻繁には披露されないユニット曲ばかりという、ずいぶん攻めたセトリだったなと思いました。ナンバリングシングルでもなければアニメ主題歌でもない。昨日今日ラブライブを知った人間には思いつかないであろうセトリ、これ組んだスタッフ絶対サンシャイン大好きなオタクだろ(褒め言葉)

 

アケフェス・スクスタの映像を背景に流してキャラクターの姿を補完するというのも素晴らしい。アニメ外の楽曲にもCGが付くようになったというのも最近におけるラブライブシリーズならではの強みですね。各楽曲2人か3人での歌唱は、多人数で1箇所に揃うのが難しいアレの現状の対策にも見えますが、それに上手く対応した形と思えます。

 

4組ともしっかり楽曲の空間を作り上げている良いパフォーマンスだったと思いますが、やはりSaint Snowが強かったと評価したいです。Aqoursメンバーよりもライブ感強めに振った歌唱の迫力が、収録映像越しでも伝わってきました。この最強の切り札を切ってきたところも、今のサンシャイン陣営の勝ちに行く姿勢を感じました。

 

まとめ

実際のところこの番組がどういった意図で製作されたものかは分かりませんが、ラブライブサンシャインのこれまでを追ってきたオタクとして見ても、サンシャインをあまり知らない一般視聴者向けとして見ても大変素晴らしい番組だったと思います。

 

他のテレビ番組ではあまり語られないエピソード、特に4thライブ中のアクシデントとそれに対応する力があることを実際の映像を流しながら紹介したところなどが、今のAqoursラブライブサンシャインはこういうコンテンツなのだと分かりやすく示す良い部分だと思いました。1人のオタクとして、このようなコンテンツ布教の仕方もあるのだと非常に良い参考になりました。